ついにリーグアン連覇が決まったPSG。優勝決定後に行われた第33節モナコ戦では謹慎明けのキリアン・エムバペが大暴れを見せた。

15分、38分、55分にゴールを奪い、古巣相手にハットトリックを達成したのだ。ただ、かつての所属クラブに対する敬意としてセレブレーションをすることはなかった。

そんなエムバペはこの試合で驚異的なスピードを記録していたようだ。『L'ÉQUIPE』によれば、60メートルの爆走を見せた際に、時速38km/hを叩き出していたという。

【関連記事】ゲームFIFA、この10年間の「歴代最速スピードスター」をまとめて見る

なお、この試合では離脱していたネイマールとエディンソン・カバーニも途中出場し、優勝に花を添えている。ただ、負傷交代になったマルコ・ヴェッラッティの状態が気がかりだ。