5~6月にポーランドで開催されるFIFA U-20ワールドカップへの招集も噂されているFC東京の久保建英。

彼は6月4日で18歳になることから、バルセロナ、レアル・マドリー、PSGなどが獲得を狙っているとも伝えられている。

『RMC Sport』によれば、PSGが久保とともにターゲットにしている逸材がいるという。

それは、ナンシー(フランス2部)のユースチームに所属するビレル・ハッサイニ。

U-17フランス代表経験もある彼は2001年生まれの18歳。まだプロ契約を結んでおらず、トップデビューもしていない。

PSGはこの若きアタッカーに3年間の契約を提示して、数週間交渉を続けているという。

【関連記事】久保建英と中井卓大が再会!2人の“天才少年”の現在がこれ

パリが獲得に近づいてはいるというものの、バルセロナやバレンシアも興味を示しているようだ。