フル代表は今月のインターナショナルマッチを終えたが、10月18日から若きサムライたちの戦いが始まった。

来年のU-20ワールドカップの出場権がかかる「AFC U-19選手権」だ。

U-19日本代表は非常に厳しいグループに入ったが、エース候補の久保建英だけでなく、イケてる若手たちがゴロゴロ揃っている。ここでは、注目すべき逸材たちを紹介しよう。

橋岡 大樹(浦和レッズ)

橋岡 大樹

昨年のアジア王者である浦和レッズ。今シーズンはやや苦戦を強いられているが、19歳の若きDF橋岡大樹はチームに新鮮な風をもたらしている。

父は野球、母はバレーボールの選手というアスリート一家の出身。従兄弟の橋岡優輝に至っては東京五輪を目指す陸上選手であり、類まれな運動能力を持つのも必然だ。

浦和ではプロ1年目の今シーズン途中からスタメンに定着。主に右のウィングバックとしてプレーしており、デュエルの強さとダイナミックな攻撃参加で攻守に存在感を見せている。

影山雅永監督率いるU-19日本代表ではセンターバックで起用される見込み。持ち前の対人の強さでアジアのストライカーたちを封殺したいところだ。