UEFAチャンピオンズリーグ準決勝で激突するバルセロナとリヴァプール。

ルイス・スアレスやフィリペ・コウチーニョにとっては古巣対決となる。それを前にスアレスは英紙のインタビューに答え、様々な話題を語った。

『Daily Mail』では「スアレスは古巣リヴァプール相手にゴールしたらセレブレーションをするだろう理由を述べた」などと伝えている。

ルイス・スアレス(バルセロナFW)

「この試合をアピールするなかで、リヴァプールが僕に与えてくれた全てのことにどれほど大きく感謝しているかを語るのはいいことさ。

でも、一旦ピッチに立てば、そこには友情も仲間もないし、素敵な思い出がよぎることもない。

全てのプライドをかけてバルセロナの色を守る」

本人がセレブレーションすると断言したわけではないようだ。そのうえで、同紙は「彼にとってリヴァプールは大きなものだが、古巣相手に得点した時にセレブレーションを拒否することはないだろう」としている。

【関連記事】バルセロナでキャリアを潰した5名の選手

さすがにアンフィールドで大袈裟に喜ぶことは考えにくいが、とにかく対戦が楽しみだ。