レアル・マドリーで厳しい立場に置かれているギャレス・ベイル。本人は残留を希望しているものの、構想外になっているという話もある。

ここでは、『sportskeeda』による「ベイルが移籍しうる5つの候補地」を見てみよう。

【関連記事】 レアル・マドリー、ロナウドの穴を埋める5名の候補とその価格

トッテナムへの復帰

トッテナムへの復帰

トッテナムの全てを知っているベイル。ファンも復帰を歓迎するかもしれない。

スパーズ時代にはUEFAチャンピオンズリーグでも大暴れ。レアル・マドリーへの移籍でなかったら、決してこのクラブを退団しなかったかもしれない。

新スタジアムとともに新時代を切り開くスパーズは欧州でも最高の練習施設を備えており、怪我がちなベイルにとってはそれも恩恵になりうる。彼はベストなプレーをするために最高のケアを必要とする繊細なアスリートだ。スパーズならその環境を提供できる。

ロンドンへの復帰は家族にとってもいいオプションであるはず。ただ、ダニエル・レヴィ会長は散財するような人物ではないだけに…。