マンチェスター・シティとリヴァプールが熾烈な優勝争いを続けるプレミアリーグ。

首位シティはエティハド・スタジアムで行われた第37節レスター戦に1-0で勝利した。

これでリーグ13連勝となったが、この日はなかなか得点できず。ヴァンサン・コンパニの強烈ミドルでゴールをこじ開けたのは、後半25分だった。

シティを救った劇的スーパーゴールを見てみよう(以下動画4分11秒~)。

 

ゴール前まで上がってきたコンパニに対し、レスターはコースを切らなかったがそれが裏目に…。ブレンダン・ロジャーズ監督は「コンパニが30ヤード(27メートル)の距離からトップコーナーに決めてくるとは思わないだろう」とこぼしていた。

また、セルヒオ・アグエロは「シュートするな!」と叫び、ジョゼップ・グアルディオラ監督も「パスだと思った」と述べていたほど予想外のゴールだった。

なお、本人は「大事なのはゴール数ではなく、いつゴールを決めるのかだ。今日はそれ(ゴール)が必要だった」と男前なコメントを残している。

【関連記事】今季プレミアリーグで価値を急落させた7人の選手

2位リヴァプールとの勝点差は1ポイント。最終節でシティは17位ブライトンと対戦する。