肉や魚、乳製品などの動物性食品を口にしない人たちのことをヴィーガンと呼ぶ。

昨今、特に欧米の若者たちの間で広まっているが、世界で最も激しいと言われるプレミアリーグのサッカー選手にもこれを実践している選手たちがいる。

※当記事は効果を保証するものではありません

クリス・スモーリング(マンチェスター・ユナイテッド)

クリス・スモーリング

この分野において、今、最も有名なのはスモーリングだろう。

お肉を食べたほうが力がつくのではないかと思うが、彼が言うにはヴィーガニストになってから“回復スピード”が上がったのだという。実際、外目から見ても彼のパフォーマンスは上がっているように見える。

【関連記事】「菜食主義はいいぞ!」 あのスモーリングがオススメする理由とは

ちなみに彼はかなり厳しいヴィーガニストで、革製品も極力使わないのだそう。