佳境を迎えている欧州主要リーグでは優勝や降格が決まるところも増えてきた。

ポルトガルではベンフィカが2シーズンぶりのリーグ制覇に迫っている。直近の第33節リオ・アヴェ戦にも2-3で勝利したのだが、こんな出来事も。

 

かつてレアル・マドリーでもプレーしたリオ・アヴェDFファビオ・コエントラォンが倒れた場面。

彼は相手MFアンドレアス・サマリスに抱き起してもらおうとしたのだが、拒否されてしまった。すると、サマリスのショーツを掴んで思いっ切りずり下げたのだ。

かつてイケメン選手として話題になった2人がこんな形で接触するとは…。

コエントラォンはこの時点ですでにイエローカードを貰っていたが、この行為はお咎めなしで済んだ。

【関連記事】プレミアリーグ、最強の「イケメン選手」はこの10人!

『Record』によれば、古巣のファンからブーイングを浴びたコエントラォンはこう述べていたそう。

ファビオ・コエントラォン

「いつだって自分はベンフィカのために全力を賭した。

ベンフィカには金(移籍金)をもたらしたし、ベンフィカを助け、ベンフィカも自分を助けた。

だが、フットボールはこういうものだ」