『BBC』は12日、「マンチェスター・ユナイテッドのオレ・グンナー・スールシャール監督は、カーディフ戦の結果について語った」と報じた。

プレミアリーグ最終節ではホームのオールド・トラッフォードにカーディフ・シティを迎えたマンチェスター・ユナイテッド。

いい結果でシーズンを終えたいところだったが、なんと降格がすでに決まっているチームを相手に0-2と敗北。あまりにも酷い締めくくりとなってしまった。

試合後スールシャール監督は以下のように話し、「今日でシーズンが終わるのが唯一のポジティブな点」とこぼしたという。

オレ・グンナー・スールシャール

「最後の数カ月は、チームにとっても、クラブにとっても、選手にとっても非常に大変なものだった。

いくぶんポジティブな点があるとすれば、それは今日でシーズンが終わるということだ。我々はまた7月1日に会う。そしているべきところに戻っていく。

頂点に立つまでには長い時間がかかるだろう。我々にとっての短期的な目的は、チャンピオンズリーグ出場権を獲得できる『トップ4に入ること』になる。

我々はヨーロッパリーグ、FAカップ、カラバオカップで戦ってきた。マンチェスター・ユナイテッドは長い間トロフィーなしでいられるクラブではないからだ。

ジョゼ・モウリーニョはヨーロッパリーグを勝った。それが現実的な目標になるだろう。

リーグにおいては、トップの2チームが別格だった。並外れていた。我々はアーセナル、トッテナム、チェルシーから5~6ポイント差だった。彼らのことは追いつける存在だと確信しなければならない」

【関連記事】マンチェスター・U下部組織の卒業生、5大リーグで戦う19名

(バレンシアとエレーラが退団し、フアン・マタも契約満了、サンチェスも退団しそうになっているが)

「我々は何名かのタレントが必要になるだろう。しかし、メイソン(グリーンウッド)を君たちは今日見たはずだ。

彼はマンチェスター・ユナイテッドで作られた男で、これからたくさん見ることになるであろう選手だ」