イタリア・セリエAのユヴェントスは、「マッシミリアーノ・アッレグリ監督が退任することが決まった」と公式発表した。

ユヴェントスは土曜日の現地時間14時から記者会見を行う予定であり、アンドレア・アニェッリ会長とアッレグリ監督が出席するとのこと。

マッシミリアーノ・アッレグリ監督は2014年夏、アントニオ・コンテ氏が突如辞任したことによってユヴェントスの指揮官に就任。

それからの5シーズンでセリエAを5連覇、コッパ・イタリアも4連覇と歴史的な結果をもたらしていた。

ただ今季はクリスティアーノ・ロナウドを獲得したことによるチーム内部の変化、そして内容のマンネリ化などで批判を受けており、チャンピオンズリーグでも準々決勝で敗北し、評価を落としていた。