『Record(メキシコ版)』

「日本VARで大惨事、正式なゴールが認められず。

Jリーグでの浦和対湘南戦で主審は悪い意味での主役になってしまった。

ボールはラインを明らかに割っていたにもかかわらず、得点は取り消されてしまった。

レフェリーは杉岡のゴールを無効にし、選手たちを仰天させた。

JリーグにはVARが実装されているにもかかわらず、彼はこの決断を意図的に下した(実際にはまだ導入されていない)」

『futbolarena(トルコ)』

「中国での“まさか”のジャッジ。

中国リーグでの浦和対湘南戦でのゴールが認められず。VARがないリーグでの主審の決断は物議を醸している」

情報が精査されていないもののチラホラ…。