リーグアン第37節、トゥールーズ対マルセイユ戦で昌子源と酒井宏樹が対戦した。

ただ、両者の明暗は分かれる結果に。酒井が1ゴール1アシストを記録した一方、昌子のトゥールーズは5失点を喫してしまったのだ。

酒井が決めたリーグアン初ゴールは左足でのゴラッソ(以下動画2分55秒~)、さらにアシスト(3分15秒~)も絶品だった!

 

1-1だった後半5分、高い位置でパスカットした酒井はゴール前に上がるとこぼれ球を左足で一閃!見事なコースを射抜くシュートでネットを揺らしてみせた。

そして、2-2で迎えた後半31分にはスルーパスに抜け出すと、クリントン・エンジに完璧なクロスを供給!守備ではややバタつくところもあった酒井だが、攻撃面で大暴れして2-5の勝利に貢献している。

【関連記事】 Jの舞台で頑張る「身長175cm以下」のセンターバックたち

2人の今シーズンは残り1試合、最後はいい形で締めくくってほしい。