シーズンを大詰めを迎えている欧州主要リーグ、リーガは全日程を終えた。

エイバルとの最終節で2ゴールを叩き出したバルセロナFWリオネル・メッシが36得点で得点王に輝いた。

そのメッシはヨーロッパ・ゴールデンシューの争いでもトップに立っている。

現在72ポイントで2位PSGキリアン・エムバペとの差は8ポイント。エムバペは最終戦で4点以上が必要になる計算だ。

【関連記事】なぜ?最も過小評価されているストライカーTOP5

『France Football』のインタビューを受けた彼は、メッシとのバトルについてこう述べたとのこと。

キリアン・エムバペ

「(ゴールデンシューのことはまだ考えている?)

今日の午後、昼寝を中断してメッシが2点を入れるのを見たよ。そして、ベッドに戻った。

全力を尽くすよ。残りは90分で、自分に失うものは何もない。

もし自分ができなくても、皆はこう思うだろう。『普通さ、メッシだもの』。

もし自分にそれができたなら、喜びになるだろうね」

今季リーグ32得点のエムバペ。9位スタッド・ランスとの最終戦でゴールラッシュはなるだろうか。