無冠で2018-2019シーズンを終えたレアル・マドリー。

サンティアゴ・ベルナベウで行われたリーガ最終節のベティス戦には0-2で敗れ、最悪の形で今季を終えることになった。

退団が濃厚とされるギャレス・ベイルはベンチ入りしたものの出番なし。

英紙『Telegraph』は「ジダンはベイルが構想外であることを認めた」などと伝えている。また、大手英国メディアはこぞって、ジダン監督がこう発言したと報じていた。

ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー監督)

「たとえ4人目の交代枠があったとしても、今日は彼を投入することはなかっただろう」

ただ、その後複数のメディアではこの箇所が削除されている。このような発言はなかったということだろうか。

【関連記事】レアル・マドリーに加入してキャリアを下降させた10名

この夏にスカッド改革が予想されるレアル。ベイルも動向も注目されるはずだ。