『Mirror』は21日、「チェルシーは、アントニオ・コンテ元監督に給与全額を支払うよう命ぜられた」と報じた。

昨年夏に契約を1年残して解任されたコンテ氏。通常はクラブ事情による契約解除の場合、残りの給与については支払う必要がある。

しかしチェルシーはこの解雇について「コンテ氏に原因がある」として給与の支払いを拒んでいた。

スペイン代表FWジエゴ・コスタとの確執を発生させたことなどにより、クラブに大きな損害を与えた…というのが理由である。

【関連記事】チェルシーのコンテ監督、今季やらかした失態ワースト5

コンテ氏はそれを不服として裁判に訴え、残った1年分の給与900万ポンド(およそ13.1億円)を全額支払うよう求めていたのだ。

そして今回記事によればプレミアリーグの仲裁委員会がコンテ氏の訴えを認め、チェルシーに給与の支払いを命じたとのこと。

ただ、チェルシーはこの判決を受け入れることを拒否した場合、今後高等裁判所へと上訴することができる。

今夏はインテルの監督に就任するのではないかと言われているコンテ氏。裁判はどこまで続くのか…。