ジェームズ・ミルナー

「自分には彼に対する感嘆しかないよ。

彼があの試合でやったこと、キャリアを通じてやってきたこと、それによって彼と対戦するのを難しくしている。

彼を止めようとするなら、自分が馬鹿みたいに見えることを恐れてはいられない。

俺はそれをやった。彼に股抜きされたシーンは何百万回と見られたさ。

(そうなるのは)自分が最初ではないし、最後でもないだろう。

彼は驚異的な選手だ。

だが、ああいう選手とやるには、好きなようにやらせはしないことを分からせなければいけない。

リズムを邪魔しようとする必要があるのさ。

怪我させたくはない。だが、フィジカルなゲームであり、もし彼が走るなら、そのペースを乱そうとする。

それはゲームの一部であり、メンタルな側面だ」

ミルナーがメッシにタックルした場面は明らかに不必要なファウルで露骨なものだった。

だが、相手のペースを乱そうとして、プロとして意図的にそうしていたようだ。