国際サッカー連盟(FIFA)は3日、「2019年度、および2020年度のクラブワールドカップを、ワールドカップ2022のプレイベントとして開催する」と公式発表した。

2022年にワールドカップの開催を控えているカタール。しかしコンフェデレーションズカップが廃止されたこと、そして冬の開催になったことにより、運営のテストが難しくなっていた。

そのため、今回カタールで2年間クラブワールドカップを開くことで、ワールドカップ本大会のテストイベントにするという。

カタールは中東地域ということもあって気候面の課題を抱えており、実際に選手たちやサポーターの動きや状況なども確認できる。

【関連記事】全員わかる?海外からクラブW杯に出場した6名の日本人

また、2021年から24チーム制に拡大されて行なわれる新クラブワールドカップのフォーマットについては、10月23~24日に上海で行なわれるFIFA評議会からホスト国の選定に入るとのことだ。