『The42』は、チーム・ウェリントンに所属しているアイルランド人MFエリック・モロイのインタビューを掲載した。

エリック・モロイは1992年生まれのMF。アイルランドのウェックスフォードでプレーしたあと、2016年にニュージーランドへ渡り、その後チーム・ウェリントンに加入した選手だ。

チーム・ウェリントン

昨年OFCチャンピオンズリーグの優勝に貢献し、そして12月に行われたクラブワールドカップに出場。残念ながら初戦で敗れたが、決勝にまで進んだアル・アインを相手にPK戦にまで持ち込んだ。

彼によれば、なんと2年前にはアイルランドでチョコレート工場に勤務していたとのこと。クラブワールドカップの感想とは、ニュージーランドで成功できた秘訣とは?

エリック・モロイ

「狂っている話だよね!(笑)

僕はカーロウ(アイルランドの街)のチョコレート工場で働いていた。それから2年後、僕はクラブワールドカップでレアル・マドリーと同じ大会に出ていたんだよ。

レアル・マドリーやリーベル・プレートのようなチームと一緒にプレーするなんて、頭をよぎったこともなかったよ」