欧州主要リーグはシーズン閉幕に伴い、夏移籍の話題が増えてきた。マーケットの主役のひとりは、アトレティコ・マドリーからの退団を宣言したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンだ。

バルセロナへの移籍が噂されるなか、『RMC Sport』が気になる情報を伝えている。

グリーズマン側はバルサ移籍にプライオリティがあり、クラブとの交渉は続いているという。

ただ、合意に至るまでにはいくつかの障壁があるとも。まずは、バルサとアトレティコとの良好ではない関係性。そして、もうひとつは、リオネル・メッシだという。

メッシはグリーズマン加入に乗り気でないことを、バルサ首脳陣に伝えたそう。さらに、ネイマール復帰のほうにクラブは取り組むべきだとも提言したという。

【関連記事】 「バルセロナがネイマールを再獲得すべき5つの理由」

ただ、それぞれの状況を考えると、この要求はかなり難儀なものになっているとも。