12日、フランス南部で行なわれているトゥーロン国際大会に参加しているU-22日本代表は、メキシコとの準決勝に臨んだ。

両者ともに前半はなかなかペースを掴めない展開となり、日本はメキシコの守備を崩せず、メキシコも押し込むような場面はそれほど作れず。0-0のままハーフタイムに突入した。

しかし後半は一転、決してリスクを背負って攻めているわけでもないにもかかわらず、得点の取り合いとなった。

50分に先制したのはメキシコ。単純なクロスボールを大型FWゴディネスがヘッドで合わせ、ネットを揺らした。

だが72分には田中碧のシュートがクロスバーに弾かれたところを相馬勇樹がボレーで叩き、見事に同点ゴールを決める。

メキシコは86分にエドゥアルド・アギーレのヘディングで追加点を決めたが、そのわずか3分後に日本は旗手怜央のロングボール一発で小川航基が裏に抜け、試合を降り出しに戻すゴールを叩き込んだ。

これによって試合は2-2というスコアで終了。延長戦が存在しないため、勝敗はPK戦に委ねられた。

先攻のメキシコ、後攻の日本ともに3人目まで連続成功。しかしメキシコの4人目DFモソが左ポストに当てて失敗する。

日本は4人目の長沼が右にきっちり決めてリードを奪うと、さらに5人目の旗手がコロコロPKで冷静に成功。合計スコア5-4でメキシコを破り、日本はトゥーロン国際大会で初めての決勝進出を決めた。

【関連記事】U-22日本代表、トゥーロンで歴史的「爆勝」!強豪チリから奪った全6ゴールを見よ

なお、決勝戦は15日に開催予定。相手はブラジル対アイルランドの勝者となる。