1908年6月18日、日本人の移民781名を乗せた船「笠戸丸」がブラジルのサントス港へ初めて到着した。

これをきっかけにして日本からは多くの人がブラジルへと渡っていった。これを記念して、6月18日はブラジルにおいて「日本人移民の日」、日本では「海外移住の日」とされている。

昨日はそれから111周年の節目。ネイマールも自身のツイッターでそれを祝っていたぞ。

これまで何度も日本を訪れ、熱い歓迎を受けてきたネイマール。「禰偉丸」の漢字表記も何やら移民船っぽい雰囲気はある。

【関連記事】ネイマールが今後もバロンドールを獲れない5つの理由

現在PSGから古巣バルセロナへの復帰が噂されており忙しい夏になりそうなネイマール。その中でも日本と縁がある記念日を忘れずにいてくれたようだ。