レイプ疑惑騒動に揺れるブラジル代表FWネイマール。

木曜日には警察から2度目となる聴取を受け、5時間後にサンパウロの警察署を後にした。

『Globo』などによれば、ネイマールは性交渉は合意のうえであり、スパンキングを求めたのは女性側だと説明したという。

【関連記事】 「PSG、ネイマールを売却すべき3つの理由」

被害を訴えている女性を診察したサンパウロの医師によると、臀部や脚から皮下出血の痕跡が見つかったとされている。