親善試合での負傷により、コパ・アメリカを欠場することになったネイマール。

大会前に代表キャプテンを剥奪された彼はレイプ疑惑騒動にも巻き込まれている。

そうした中、バルセロナのブラジル代表MFアルトゥールがネイマールを擁護した。

アルトゥール

『Globo』によれば、会見で騒動について聞かれると、こう答えたという。

アルトゥール(バルセロナMF)

「彼はかなり困っていた。だが、みんな彼とともにいるよ。

この件について話すことはあまりないと思うね。

全ては明らかになる。

嘘はすぐにバレるものだ。いつだって善が悪に打ち勝つ。

僕らが話題にすればするほど悪化するよ。

これは彼女が望んでいたことだ。メディアと宣伝。

観衆を勝ち取り、Instagramのフォロワーを勝ち取り、テレビのインタビューを得る。

物議を醸すニュースは話題を集めるからね。

この件はこれっきりでおしまいだ」

【関連記事】 「バルセロナがネイマールを再獲得すべき5つの理由」

ネイマールと仲良しだというアルトゥール。女性側の売名行為だと断罪していたようだ…。