『Marca』は20日、「メキシコ1部のプーマスは、リーグ開幕までに日本代表MF柴崎岳を獲得したい」と報じた。

来季のメキシコリーグ開幕の日程は未定だが、おおよそ7月末から8月にかけてスタートすることが通例だ。

プーマスは現在スペイン人監督のミチェル氏が率いている。指揮官の要請により、会長のロドリゴ・アレス氏はこの1ヶ月ほど柴崎岳の獲得に向けた動きを行っている。

ただ、今のところ誰かを放出しなければ柴崎と契約することは難しいとのことで、選手の整理が終わってからの交渉になるとも。

【関連記事】 今、「和製モドリッチ」と呼べそうな5名の日本人

現在コパ・アメリカに参加している柴崎岳。大会を戦っている間は去就を決めることはないと伝えられている。