イングランド・プレミアリーグのアーセナルは2日、「イトゥアーノからFWガブリエウ・マルティネッリを獲得した」と公式発表した。

多くのビッグクラブが狙っていたというガブリエウ・マルティネッリは、2001年生まれの18歳。

2017年11月に16歳と9ヶ月でプロデビューし、これまで34試合で10ゴールを決めたという。またコパ・アメリカを前にしたトレーニングキャンプではブラジル代表の予備メンバーにも選出されていた。

同国最高レベルのヤングスターと評価されている彼には25のクラブが関心を寄せていたと言われ、バルセロナやマンチェスター・ユナイテッドでトライアルを受けたことも。

今年6月には18歳の誕生日を前にイタリアのパスポートも取得しており、外国人枠の問題も少ない。

アーセナルのインタビューで彼は以下のように話し、クリスティアーノ・ロナウドをお手本にしていると宣言している。

ガブリエウ・マルティネッリ

「僕はクリスティアーノ・ロナウドの試合を手本にしている。彼は次のレベルに他するために自分を駆り立てて努力する選手だ。いつもタイトルやトロフィーのために走る。

クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシ、ネイマールを参考にしている。試合を決められる選手で、とてもプロフェッショナルだ。彼らはいつも全力を尽くしている」

【関連記事】アーセナルを強化できる、6名の「現実的ターゲット」

パワフルでキレのあるドリブル、強烈なシュート、高さのあるヘディング。まさにスタイルはロナウドだ。プレミアリーグで大ブレイクなるか?