この夏にもバルセロナに復帰するのではないかと噂されているPSGのブラジル代表FWネイマール。

27歳になった彼を買い戻すべきか否かについての意見は分かれている。

そうした中、バルサのレジェンドであるカルレス・プジョル氏がこの件について言及した。 『ESPN』によれば、こう語ったそう。

カルレス・プジョル(元バルセロナDF)

「どんな選手でも決断を下した時にはそれがベストだと信じている。

彼がそうした時、彼はそれに確信があった(ネイマールがPSG移籍を決断したこと?)」

「結局のところ、大事にしなければいけないのは過去ではなく現在だ。

市場に出ている選手が必要なら、数年前に起きたことを考える必要はない」

「ネイは違いを生み出すことができる偉大な選手だ。

この2年間、彼は怪我のせいで成長できなかったかもしれない。

だが、もし復帰して、かつてのレベルを取り戻せれば…まだ多くのことをもたらすことができると思う」

【関連記事】「バルセロナ、買い戻しうるカンテラ出身者4人」

バルサとネイマールが決別した過去よりも今を見るべきとして、復帰についてポジティブな意見を口にしていたようだ。