今年10月26日に開幕を迎え、11月17日まで行なわれることになっているU-17ワールドカップ。今回のホスト国は、当初ペルーが選ばれていたもののインフラ面の不備が判明したため、コパ・アメリカで優勝を果たしたブラジルが担当する。

昨年行われたAFC U-16選手権で優勝した日本もこの大会に参加する予定となっている。今回その組み合わせ抽選が行なわれた。

グループA:ブラジル、カナダ、ニュージーランド、アンゴラ

グループB:ナイジェリア、ハンガリー、エクアドル、オーストラリア

グループC:韓国、ハイチ、フランス、チリ

グループD:アメリカ、セネガル、日本、オランダ

グループE:スペイン、アルゼンチン、タジキスタン、カメルーン

グループF:ソロモン諸島、イタリア、パラグアイ、メキシコ

日本はグループDに入り、相手はアメリカ(北中米カリブ海地域2位)、セネガル(アフリカ5位)、そしてオランダ(欧州1位)の3チームとなった。

【関連記事】 祝「令和」!サッカー界の新時代を担うヤバい10代の宝石たち

なお、アフリカ予選ではギニアが2位で出場権を獲得していたが、年齢を詐称していた選手を起用したため追放されている。そのため繰り上がりでセネガルが出場権を獲得した。