先日開幕を迎えた2019年度のインターナショナル・チャンピオンズカップ。

今季はオーストラリア、中国、そしてイギリスと多くの国を渡り歩いての大会開催となるが、序盤の会場はアメリカとなる。もちろんレアル・マドリーの久保建英も参加予定だ。

そんな大会とともに各クラブの親善試合も行われており、18日にはシアトル・サウンダーズ対ボルシア・ドルトムントが開催に。

この試合のキックオフ時にはなんと8歳の子供がシアトル・サウンダーズのゴールマウスを守るという珍しい場面があった。

これは病気に苦しむ子供を支援する『Make-A-Wish Foundation』とのパートナーシップで企画されたもので、白血病と戦う少年ブヒーム・ゴヤルがピッチに登場したのだ。その感動的な場面がこれだ。

バックパスを受けたブヒームは、ペナルティエリアでボールをトラップ。そして味方へと繋ぎ、その直後に交代となった。会場からは大きな拍手が送られている。

ブヒームはこの日のためにシアトル・サウンダーズとともに様々な準備を進めてきたようで、その映像も公開されている。

ドルトムントのマリオ・ゲッツェやユリアン・ヴァイグル、そしてパコ・アルカセルらと同じピッチに立ったブヒーム。病気を克服し、普通の生活に戻れることを祈りたい。

なお、久保建英が所属するレアル・マドリーは、21日の朝9時(日本時間)からインターナショナル・チャンピオンズカップでバイエルン・ミュンヘンとの試合を行う予定だ。