ユヴェントスへの移籍が発表されたオランダ代表DFマタイス・デ・リフト。

伝えられる移籍金7500万ユーロ(およそ91億円)は、クリスティアーノ・ロナウドの1億500万ユーロ(およそ127億円)、ゴンサロ・イグアインの(およそ109億円)に次ぎ、クラブ史上3番目に高い金額となった。

この二人がFWであることを考えると、DFである彼に費やされたこの金額は天文学的かもしれない。ただ、この映像を見ると、その価値がある選手といえるだろう。

こちらは昨年11月に行われたUEFAネーションズリーグ、オランダ対フランスでの一場面。

デ・リフトは現サッカー界でもっとも高価、また、もっともスピードのある選手の一人として知られるキリアン・エムバペ(PSG)を完璧な対応で封じてみせたのだ。

凄いのは守備能力だけではないぞ。

まるでジダンのようなボールコントロール…。

UEFAはこの動画とともに、「私はネスタ、バレージ、マルディーニ、フェラーラ、ファビオ・カンナバーロ、マテラッツィといった偉大な選手たちを見てきたが、彼の年齢でここまでの選手は見たことがないね」というマルチェロ・リッピ氏の言葉を掲載している。

来月12日に20歳となるこの青年は、これからどんな輝かしいキャリアを築いていくのだろうか。