2018-19シーズンで、アヤックス快進撃の原動力となったオランダ代表DFマタイス・デ・リフト。

若さと実力を兼ね備えた19歳については各国のビッグクラブが熾烈な獲得競争を繰り広げており、一部では既にユヴェントス移籍が決定したとの報道も。

今回は、そんなデ・リフトを獲得することに失敗した各クラブが獲るべき5名の選手をご紹介しよう。

メリフ・デミラル(サッスオーロ)

メリフ・デミラル

サッスオーロ所属でトルコ代表のDF。

クラブには今冬の移籍市場でチームに加わったにも関わらず、デ・ゼルビ監督の信頼をすぐに獲得。先日行われたEURO2020の予選では世界王者フランス代表を枠内シュートを0に抑えて一躍有名人となった。

そんな彼についてはアトレティコ・マドリーが狙っていると伝えられるが、一方でユヴェントス移籍に近付いているとも。

まだ21歳という若さでありながら実力もある。デ・リフトよりも安い移籍金で獲得できる選手として良い選択肢となるだろう。