ついにレアル・マドリーでのデビューを果たした久保建英。

ICCバイエルン・ミュンヘン戦では後半から投入されると、随所で好プレーを披露した。

現地を含めて話題になったプレーがこれだ!

ゴールライン際で鮮やかにバイエルン選手を料理!さりげないけれど、絶妙だ…。

ちなみに、相手は同じく18歳のアルフォンソ・デイヴィス(2000年生まれ)。弱冠15歳257日でMLSにデビューした神童だ。

彼はバイエルンでのデビュー戦で圧巻の股抜きを決めているが、今回は餌食にされてしまった。

日本時間24日にレアルはアーセナルと、バイエルンはミランとICCで対戦する。