ついに開幕した2019-20シーズンのプレミアリーグ。欧州王者リヴァプールはアンフィールドで2部王者ノリッジを4-1で撃破した。

開始7分にオウンゴールで先制すると、前半だけで4点を奪取。

ディヴォック・オリギの4点目をアシストしたトレント・アレクサンダー=アーノルドのクロスは完璧としかいいようのないものだった。

リヴァプール公式も「ピンポイントクロス」と評した神クロスがこれだ!(以下動画3分8秒から~)

精度が神がかっている…。ややアウトに引っ掛けたようなボールは、CBの間のここしかないというところにピタリ!

ノープレッシャーでもあったが、この精度のクロスを入れられたらお手上げだろう。

『BBC』によれば、試合後にはこう述べていたそう。

トレント・アレクサンダー=アーノルド(リヴァプールDF)

「チームにできる限りのチャンスを作り出すためによりいい(クロスなどの?)アウトプットが欲しい。

サイドバックとして、僕らは出来る限り攻めるし守る。

クリーンシートももっとキープしたいね。昨シーズンも多く記録したけれど、もっとやれるよ」

リヴァプールは日本時間15日にチェルシーとのUEFAスーパーカップ、17日にサウサンプトンとのプレミアリーグ第2節を戦う。