ついに開幕した2019-20シーズンのプレミアリーグ。欧州王者リヴァプールがアンフィールドに2部王者ノリッジを迎え撃った。

リヴァプールは開始7分にまさかのオウンゴールで先制。

Optaによれば、オウンゴールがシーズン初得点になったのはプレミアリーグ史上2度目の出来事だそう(2015-16シーズンのカイル・ウォーカー以来)。

その歴史的なオウンゴールがこれだ(以下動画28秒から~)。

ディヴォック・オリギのクロスをDFグラント・ハンリーがまさかのクリアミス…。自分でも信じられない痛恨プレーだったのか、27歳のスコットランド代表DFは顔を手で覆ってうつむいてしまった。

結局前半だけで4点を奪ったリヴァプールが4-1で勝利。ただ、前半途中で負傷交代になったGKアリソンの状態が懸念される。

『BBC』によれば、ユルゲン・クロップ監督は「彼はふくらはぎに(違和感を)感じた。後ろを見ていたのは、何かが自分に当たったと思ったからだ。アリのことはちょっと問題だね」と述べていたとのこと。