ついに開幕した2019-20シーズンのプレミアリーグ。今季はカーディフ、フラム、ハダーズフィールドが降格し、ノリッジ、シェフィールド・ユナイテッド、アストン・ヴィラが昇格してきた。

そうした中、『Tank』がおもしろい試みをしていた。今季プレミアリーグを戦う全20チームをInstagramのフォロワー数で順位付けするというものだ。

これはチームの公式アカウントではなく、そのチームに所属する選手たちのフォロワー数の合計を比較したもの。順位はこうなるとか。

1位 マンチェスター・ユナイテッド (フォロワー合計数:1.094992億)

2位 リヴァプール (フォロワー合計数:8521.66万)

3位 マンチェスター・シティ(フォロワー合計数:7434.58万)

4位 アーセナル(フォロワー合計数:7406.73万)

5位 チェルシー(フォロワー合計数:4357.27万)

6位 トッテナム(フォロワー合計数:3352.46万)

7位 エヴァートン(フォロワー合計数:1963.7万)

8位 ウェストハム(フォロワー合計数:10862万)

9位 アストン・ヴィラ(フォロワー合計数:637.21万)

10位 クリスタル・パレス(フォロワー合計数:559.5685万)

11位 レスター(フォロワー合計数:487.6114万)

12位 ワトフォード(フォロワー合計数:464.6114万)

13位 ウォルヴァーハンプトン(フォロワー合計数:437.0427万)

14位 サウサンプトン(フォロワー合計数:396.2924万)

15位 ボーンマス(フォロワー合計数:350.4789万)

16位 ニューカッスル(フォロワー合計数:239.4700万)

17位 バーンリー(フォロワー合計数:222.5745万)

18位 ブライトン(フォロワー合計数:196.1204万)

19位 ノリッジ(フォロワー合計数:106.84万)

20位 シェフィールド・ユナイテッド(フォロワー合計数:73.6909万)

そもそもSNSをやっていな選手が多いチームは不利になるが、全プレミアリーグ選手のうち85%がInstagramをやっているそう。

結果的にTOP6の顔触れは変わらず。そのなかで、1位のユナイテッドはなんとフォロワー数1億超!

チーム内トップのポール・ポグバだけで3680万人のフォロワーがいる。彼がいるかいないかで順位が変わってくるほどで、それだけ大きな影響力があるということだろう。

この夏のレアル・マドリー移籍も噂されているが…。