2019-20シーズンが開幕したリーグアン。

モナコ対リヨン戦ではセスク・ファブレガスがわずか30分で退場になってしまった。VARによる一発レッドカードシーンがこれだ。

当初はイエローだったものの、一発レッドに変更。セスクは相手DFレオ・デュボワの左足首を踏みつけるような形になっていた。故意かは微妙だが…。

およそ60分間を数的不利で戦うことになったモナコは0-3で敗戦。

レオナルド・ジャルディン監督は「レッドカードの後はリヨンがボールをコントロールした」としつつ、ミスからの失点が痛かったと述べていた。