今夏アーセナルを退団し、セルビア1部のパルチザン・ベオグラードと契約を結んだ浅野拓磨。

8日にはUEFAヨーロッパリーグの予選3回戦1stレグ、ジェニ・マラティヤスポル戦の後半から投入されてデビューすると、67分には初ゴールを記録した。

では、その場面を見てみよう(動画39秒から)。

やっぱり速ぇ!

味方の縦パスを呼び込むと一瞬で相手DFを置き去りに。最後は右足の強烈なシュートでネットを揺らし、デビューからたった21分で初ゴールを記録した。

浅野は昨季ハノーファーに所属したものの、契約上の問題もあり3月31日を最後に出場なし。これがおよそ4か月ぶりの実戦だったが、“ジャガー”のスピードは錆びていなかったようだ。

なお、浅野は12日に行われた国内リーグ第4節ナプレダクとのアウェイ戦にも後半から投入され、得点はなかったもののリーグデビューを果たしている。