スウェーデン1部のAFCエスキルストゥーナは14日、先月サンフレッチェ広島を退団したDF高橋壮也と契約を結んだことを発表した。

高橋は島根県松江市出身の23歳。立正大淞南高から2014年に広島へ加入し、2017年にはJ1で21試合に出場した。

ただ昨年は開幕から出番がなく、夏にJ2・ファジアーノ岡山に期限付きで移籍。今年になって復帰したものの出場機会を得られず、7月24日に海外への挑戦を表明して広島を退団していた。

そして今回、練習に参加していたエスキルストゥーナと今シーズン終了までの契約を勝ち取った。

AFCエスキルストゥーナは2004年末に創設され、2017年に初めて1部に昇格した新興のクラブ。同年に降格したものの昨年2部で3位となり再び1部へと昇格した。ただ今季は3勝5分け11敗で16チーム中15位と低迷している。