2017年夏にマンチェスター・シティに加わったポルトガル代表MFベルナルド・シウヴァ。

移籍当初は苦しんだものの、ペップも認める真摯な努力を続け、主力の地位に上り詰めた。

そのシウヴァが『BBC』のインタビューで様々な話題を語った。普段の生活については、こんな話も。

ベルナルド・シウヴァ(マンチェスター・シティMF)

「僕はリスボンの中心部で生まれた。交通(渋滞?)や喧騒には慣れているよ。

田舎者じゃないし、都会にいるのが好きなんだ。レストランやパンが欲しい時には、そこらへんを歩ける。そんな暮らしが好きだね。

みんな僕が誰かは知っていて、写真をお願いされることもある。

でも、それは問題ないし、マンチェスターの人達はとても敬意を払ってくれるよ。

だから、ペップがオフをくれた時には、ほぼ毎日朝食を食べに行って、街中を歩いている。

フアン・マタのレストランが好きなんだ。

ペップのレストランにも行くよ。でも、僕らは倍額払わなくてはいけなんだ!」

宿敵マンチェスター・ユナイテッドのスペイン人MFマタのレストランが好きなんだとか。

また、指揮官ジョゼップ・グアルディオラの店にも行くようだが、選手だと2倍の金額を払わなくてはいけないとか!?