19日に行われたブルゴスとの親善試合で、レアル・マドリー・カスティージャは3-2と敗北した。

右ウイングで先発出場した久保建英もゴールを奪うことはできなかったが、前半終了間際にはこんな場面も。

高い位置でボールを奪ったカスティージャ。右サイドでフリーになっていた久保建英はパスを受けるとドリブルで仕掛け、フェイントから中央へ切れ込み!(動画47:21~)

二人の間を抜けようとしたところで倒されるも…ファウルの笛はなし。周りの選手は抗議したが、もちろん判定は覆らなかった。

外国人枠の問題でトップチームに入れない状況にあるものの、カスティージャでは継続的にチャンスを与えられそうな久保建英。今週末の3部リーグ開幕戦では先発出場なるか。