ブレーメンの日本代表FW大迫勇也が今季初の1試合2ゴールをマークした。

ブンデスリーガ第3節アウクスブルク戦に先発すると、前半6分に先制点(以下動画25秒~)、後半22分には決勝点を叩き出したのだ(動画5分10秒~)。

1点目はスルーパスに抜け出すと、冷静にGKとの1vs1を仕留めた。そして、2点目はボレーシュートを的確に合わせてみせた。

これで大迫は開幕3試合で3ゴール。開幕2連敗だったブレーメンもこれで今季ブンデス初勝利となった。

大迫はいい形で日本代表に合流できそうだ。