今夏レアル・マドリーから期限付き移籍でアーセナルに加わったスペイン代表MFダニ・セバージョス。

サンティアゴ・ベルナベウではなかなかレギュラーを掴めなかったものの、プレミア加入後すぐに力を発揮。確実なチャンスメイクと繋ぎを見せ、高い評価を得ている。

彼は『Daily Mail』のインタビューに対して以下のように話し、自分のスタイルについてこう語ったという。

ダニ・セバージョス

「僕のスタイルを気に入ってくれるコーチと、そうでないコーチがいるよ。

なにか違いを生み出すことが正しい時と、ポジションを守らなければならない時がある。試合中にそれを識別する必要があることは分かっているよ。

僕は相手に立ち向かおうとし、何か違いを作ろうとする選手だ。時にボールを受けるために近づこうとしすぎてしまうことがあるのは真実だよ。そしてポジションを見失ってしまう。

しかし、僕はまだ若い。成長できるよ」

ボールを持ったときのクオリティには定評があるセバージョスであるが、ポジションを崩してしまうことが自分の弱点だと感じているよう。