今夏ガンバ大阪からマンチェスター・シティに移籍し、ローンでスコットランド1部ハーツに加入した食野亮太郎(21)。

先月31日に欧州でのデビューを果たしたが、代表戦の中断期間を挟んで行われた14日のリーグ戦で早くも初ゴールを決めた(動画4分30秒から)。

相手はマザウェル。ベンチスタートの食野は1-2で迎えた56分に投入された。

すると2点差となった86分、食野は中央から味方とのパス交換でゴールに迫る。四方を囲まれた状況となったが巧みな足技で相手を翻弄すると、最後は右足で追撃の一発を決めた。

食野(めしの)といえばその名前から何かとメッシに例えられるが、欧州での挨拶代わりの一撃はまさにバルセロナのレジェンドが得意とするようなプレーであった。

ただ、食野の記念すべき初ゴールも実らずチームは2-3で敗戦。ハーツは5試合を終えた段階で2分3敗と12チーム中最下位に沈んでいる。