今夏のマーケットでガンバ大阪からマンチェスター・シティへ移籍することになったFW食野亮太郎。労働許可証の問題もあり、今季はスコットランド・プレミアシップのハーツに貸し出されることとなった。

加入から間もなくハミルトン・アカデミカル戦で途中出場からデビューを飾り、59分間プレーした。

試合は2-2の引き分けとなり、ハーツは残念ながら勝利を逃している。ただ食野亮太郎にとっては悪くないデビューとなった。

24歳のDFクレイグ・ハルケットは『Edinburghnews』に対して以下のように話したという。

クレイグ・ハルケット

「彼はとてもうまくやっているように見える。そして本当にテクニカルなフットボーラーだ。

うまく馴染んでいるし、英語についてもよくやっているよ。来たばかりの時は明らかに喋らなかったけどね。

でもよく適応しているし、今はうまくやれている。彼はいい子だよ。今後数週間で価値を示すことができるだろう。

『彼は中村俊輔のようだ』と言うには少し早いかもしれないが、うまく行けばそのレベルに達することができるよ。数ヶ月でね」

突如の海外移籍ということで英語のコミュニケーションについては不安視されていたものの、ハルケットによればかなり短期間で向上しているようだ。