先日行われたポルティモネンセ戦の終了後、セルジオ・コンセイソン監督から激しく叱責を受けた中島翔哉。

その内容については不明であるが、『A Bola』の報道によれば「パフォーマンスではなく、勝利を祝うより先にポルティモネンセの友人に挨拶に行った」ことが原因だったとも。

ポルトガル現地でも大きな話題を集めたこのシーンであったが、かつてポルトでプレーした名守備的MFシャイーニョは「自分にもこういうことはあった」と話したという。

シャイーニョ

「これらはサッカーにおける物事だ。

彼らはもちろん話し合いをし、物事を解決するだろう。私もそのような状況を経験したことがある。

中島はFCポルトの資産だ。選手にとっては必要なものは時間である。適応するためにね。

監督は、選手を投入した時には求めるものがある。責任を持ち、多くのものをピッチに持ち込めと。

それでも時にはいいプレーができないことがある。しかし、思うにそれはメッセージなのだ」

選手には適応するための時間が必要なものであり、監督はあらゆる形でメッセージを送るのだと指摘したようだ。