フラン1部パリ・サンジェルマンとキットサプライヤーのNikeは14日、2019-20シーズンで使用するサードユニフォームを発表した。

クラブとNikeのパートナーシップは19-20シーズンで30周年を迎えた。今回のサードキットはそれを記念して、あの懐かしいデザインを復活させている。

Paris Saint-Germain 2019-20 Nike Third

パリ・サンジェルマン 2019-20 Nike ユニフォーム

Nikeとのパートナーシップ30周年を迎えたPSGは、それを記念して89-90シーズンのアウェイキットを思わせるデザインが登場した。ホワイトを基調とし、エンブレム側に2色のストライプを走らせるキットカラーと、首周りに襟を付けるスタイルは、当時のユニフォームにかなり近い。

パリ・サンジェルマン 2019-20 Nike ユニフォーム

シャツには斜めにシャドーストライプをあしらい、そこに重ねる形でシャツ全体に“PARIS”の透かしプリントを施す。

パリ・サンジェルマン 2019-20 Nike ユニフォーム

パンツはホワイトを基調としたシンプルなデザイン。ソックスもホワイトを基調にチームカラーの2色のボーダーが入る。メーカーロゴマークはどちらも90年代に使用したFutura(フューチュラ)を付ける。

パリ・サンジェルマン 2019-20 Nike ユニフォーム

このクラシックなサードユニフォームは、15日に行われたリーグ第5節ストラスブール戦で実戦デビューを果たした。

なお今季のPSGのユニフォームだが、胸のメーカーロゴはホームが現行Nikeロゴ、アウェイがジョーダン(ジャンプマン)、そしてサードがFuturaと、全て異なるロゴマークが付く珍しいケースとなっている。