今夏、アヤックスからニースへ完全移籍したデンマーク代表FWカスパー・ドルベア。

だが、移籍早々にとんだ災難に遭ってしまった。7万ユーロ(829万円)もする腕時計がロッカールームで盗難されたのだ。

『L'Equipe』によれば、事件から10日が経過するなか、18歳のニースFWモアメド・ラミヌ・ディアビ=ファディガが盗んだことを認めたという。

弁護士同伴のもとで、盗難を認めつつ、弁償するとも誓ったとか。ニース側はこの件についてのコメントを拒否しているが、クラブ内部で懲戒処分の手続きを開始した模様。

有望株のひとりだったディアビ=ファディガだが、解雇を含めた処分を科される可能性があるようだ。現地では、数年経てば自分で買えたのに…という声も。