UEFAチャンピオンズリーグと同時に行なわれているUEFAユースリーグ。全く同じカードでU-19のチームが対戦する大会だ。

1日にアタランタ対シャフタール・ドネツクの試合が行なわれたが、そこでなんとも「生意気な」PKが決まったと話題だ。

シュートを蹴る…と思いきや、後方から走り込んできた8番のゲオルギ・スダコフにパス!

見事なコンビネーションでゴールキーパーの逆を取り、シャフタール・ドネツクに先制点をもたらした。なお、試合は2-2で終了している。

この種のプレーは1950年代から存在しているが、それほど頻繁に見られるものではない。

【関連記事】プレミアリーグの現役「PKマスター」10名

有名なのは1982年のヨハン・クライフとイェスパー・オルセンが決めたものだが、それを2005年に模倣したティエリ・アンリとロベール・ピレスは豪快に失敗している。