セリエA第8節、サッスオーロ対インテル戦は凄まじい展開となった。

前半2分にインテルが先制すると、両チームがゴールラッシュ。最終的にはインテルが3-4で撃ち合いを制した。

マペイ・スタジアムでの一戦では驚きの出来事も。ロメル・ルカクがPKを蹴る寸前、ピッチ上に何者かがパラシュートで落下してきたのだ。

サポーターからは喝采も起きていたようだが、あっという間に警備員たちによって御用となってしまった。

『Sky』によれば、何の目的だったのかは不明だとか。この人物はマスク姿でGoProを装着していたという情報も。