ラ・リーガ第9節、マジョルカの久保建英はレアル・マドリー戦に後半途中から出場した。

およそ30分ほどプレーした久保。なかなかいい形で絡めなかったが、こんなシーンもあった。

左のスペースに入り込み、レアルDFアルバロ・オドリオソラと1vs1になった久保。鋭いボディフェイントを交えながらで突破を試みるも抜き切れず。それでも最後は相手の足にボールを当てて冷静にコーナーキックを得ていた。

プレシーズンでは久保にも優しく対応してくれたオドリオソラだが、この後に退場になっている。

レアル相手に1-0の金星を勝ち取ったマジョルカ。ビセンテ・モレノ監督は「自分たちがやらなければいけない試合をやった」とコメントしていた。次節では最下位レガネスと対戦する。