プレミアリーグ第11節、マンチェスター・ユナイテッドは敵地でのボーンマス戦に1-0で敗れた。

Optaによれば、開幕11試合で勝点13は、ユナイテッドにとって1986-87シーズン以来となるワースト記録だそう。

決勝点を決めたのは、ノルウェー代表FWジョシュ・キング。

快足FWとして知られる彼は元ユナイテッド所属。スールシャールがユナイテッドのリザーブ監督だった頃に母国から引き抜いてきた選手だ。

なんという皮肉な話…。そのキングが決めたファインゴールがこれ。

 

ボックス内で自らボールを浮かせてボレーシュート!胸トラップの直後にはシュートに持ち込めなかったが、その後の切り換えは見事だった。

キングはこれでプレミア通算45ゴール。ノルウェー人としてそれ以上のゴールを決めているのは、スールシャール(91得点)だけだ。

『Guardian』によれば、スールシャール監督はかつての教え子についてこう語ったそう。

オレ・グンナー・スールシャール(マンチェスター・ユナイテッド監督)

「彼は常に脅威だし、強い。

あんな魔法のような瞬間で勝ったなら、『よくやった』と言う他ない。

彼はとてもいい選手に成長したよ」

試合後にはキングとハグを交わしたスールシャール。そこで教え子を讃えていたようだ。